ライン

卒業論文

ライン

 

 

 

 

3年次 にて

3年次の秋学期より、各自が興味や関心を持った分野における基礎知識を身につけていきます。 その内容をもとに、秋学期ゼミ終了までに卒業論文のテーマ(タイトル)を決定します。
2月初旬までに卒業論文を作成するための研究計画をたて、論文の作成を開始します。

 

 

4年次にて

4年次の8月下旬に卒業論文の中間発表を行います。
ここで受けた質問やコメントなどをもとに、12月ゼミ終了までに卒業論文を仕上げて提出します。
これまで提出された卒業論文は次の通りです。

 


 

 

 

 


 

【システム開発・マルチメディア】
 電子書籍における複製防止システムの開発
 マルチメディアを利用した教育支援システムの開発
 携帯情報端末対応出席管理システムの開発
 Javaによるゼミ登録システムの開発
 携帯情報端末対応キャンパスマップシステムの開発
 マルチメディアを活用した適性診断システムの開発
 Javaによる履修登録支援システムの開発

 

【情報システム・情報ネットワーク】
 VPNの現状と発展
 ユビキタス社会に関する一考察
 インターネット放送の現状と展望
 港湾手続きのシングルウィンドウ化について
 インターネット放送における法律問題について
 Web2.0サイトの構築と運用についての研究
 Javaの組み込みシステムへの活用について

 

【情報セキュリティ】
 日本の個人情報保護制度の現状と課題
 コンピュータウィルス対策に関する一考察
 電子メール利用上のセキュリティ対策について
 コンピュータウィルスの危険性とその対策
 不正アクセスの危険性とその対策
 企業における個人情報漏洩の影響と対策
 バイオメトリクスを用いた認証システムについて
 携帯電話におけるセキュリティ対策
 無線LANにおけるセキュリティ対策について
 メールサーバにおけるセキュリティについての一考察 

 

【ビジネスでの活用・生活での活用】

 UMLによるオンラインショップの分析
 モバイルFeliCaの現状と今後の展望
 オンラインショップにおける決済方法について
 書籍の電子化に関する一考察
 生活のための情報ネットワークの活用
 百貨店におけるICタグ活用の一考察
 ICタグによる物流の効率化について
 自律移動支援プロジェクトに関する一考察
 SCMにおけるIT活用について
 Web2.0の企業における活用について
 オンラインショップにおけるセキュリティ対策について
 ネットワーク型電子マネーの現状と課題
 自動車産業におけるICタグの活用
 ユビキタスシステムの防犯への応用
 書籍関連業界におけるICタグ活用の一考察
 トレーサビリティにおけるICタグ活用の一考察
 家電における組込みシステムの活用
 温泉施設におけるICTの活用
 デジタルサイネージと携帯情報端末の連携についての一考察
 自動車における組込み技術の活用についての一考察 

 

【医療での活用】
 電子カルテについての一考察 
 医療機関におけるユビキタスシステムの活用
 医療への情報ネットワークの活用に関する一考察
 医療機関におけるICタグの活用

 

【教育への応用・情報教育】
 情報教育の現状と課題
 初等中等教育における情報教育の現状と課題
 教育機関におけるICタグの活用
 高校教科「情報」の課題と展望
 日本と中国の情報教育についての比較研究
 高等学校商業科における情報教育の一考察 



 

 

Copyright (C) Yoshida Seminar. All Rights Reserved. css by pondt